有機一番茶 ゆめかおり40g

型番 C000119
ポイント 14pt
定価 1,491円(本体1,380円、税111円)
販売価格 1,491円(本体1,380円、税111円)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

商品説明

大切なあの人への贈りものにも
飲んだあとに食べられるお茶「一番茶 -First flush-」


一番茶
「一番茶」は、4月下旬から5月上旬に摘んだ新芽を荒茶加工(※1)した段階で、「このお茶は熟成させると、なお美味しくなる」と確信した茶葉を仕上げ加工(※2)し、最低一年冷蔵(10℃〜13℃)「熟成」させた日本の緑茶です。

※1 新芽を摘み取り、その日の内に出来るだけ早く(摘み取って数時間)、蒸して揉みながら乾燥させた、まだ製品価値の備わっていない、半製品のお茶です。
※2 荒茶を貯蔵可能な製品として完成させるため、粉や茎を取り除き、火入れをするなどして香味を整え、外観・内容ともに製品価値が上げられたお茶です。


品種「ゆめかおり」とは
1986年より宮崎で交配が行われ、1991年に比較試験を開始、1998年から国内の茶産地で同種の適応性検定試験、特性検定試験が行われました。その結果、優秀性が認められ、2006年に農林登録、品種登録出願公表されました。
新種開発から23年間がかりで2009年に品種登録された、比較的新しい日本茶品種で、かぶせ茶を含む煎茶として品質は良好で、特に色沢が明るいのが特徴です。外観、内質共にバランスの良い茶葉、加工時に萎凋させると良好な花香を発する茶です。

一番茶ゆめかおり
一番茶「ゆめかおり」は日本緑茶には珍しいシングルオリジン(※3)
グローバルギャップ(※4)認証茶園で育てた非常に生産量が少ない品種のかぶせ茶です。
また旨味が強く、50嫩度の少量でも高い満足度が得られる有機栽培茶です。

※3  一番茶で言うシングルオリジンは、単一茶園、単一生産者、単一品種の極めて希少で他にはないということです。
※4 欧州に農作物を輸出する場合に原則必要とされる、食品安全・労働環境・環境 保全に配慮した「持続可能な生産活動」に与えられる世界基準の認証です。


※クリックポストなら、10袋までが発送の目安です。

おすすめ商品

CALENDER

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日曜日、月曜日・年末年始の発送業務は休みます。